サテライトサイトの更新

SEO対策のためのサテライトサイトですが、これの効果を維持するためには、更新が必要になります。
更新されないサイトは、検索エンジンからの評価があまり高くなりません。
すでに何か月もコンテンツが追加されておらず、放置サイトと判断されると、そのリンクの効果もなくなっていきます。
そうなるとサテライトサイトによるSEO効果もなくなりますから、その効果を維持するため、定期的に記事などを追加していく必要があるのです。

このときに追加するコンテンツは、どうするのがいいでしょうか?
これはもちろんそのサテライトサイトに追加するものとして、自然なものを選びたいですね。
更新さえできれば、どんなものでもいいわけではありません。

たとえばそのサイトのテーマが金融なら、金融に関係する内容の中から選ぶのが基本です。
それもこれまでのサイトの方向性をふまえて、追加するのが自然なものを選びたいですね。
たとえばこれまでの記事で、ローンの基本的な条件や使い方などを紹介してきたなら、追加する記事の方向としては、滞納したときの対処法や、おすすめのローン商品の紹介など、これまでのサイトのコンテンツの内容から、次に必要と思われる内容を選べるとベターです。

気をつけたいこととして、そのサテライトサイトのテーマや、これまでの内容とあまりに違うコンテンツを更新時に追加するのは、できるだけ避けてください。
一度はその衛星サイトによるSEO効果があったとしても、その効果を維持するためには、今後もずっと高品質なサイトと評価される必要があります。
記事の更新のとき、コンテンツの方向性が少し違っていると、サイト全体の評価が落ちる原因になりかねません。

もちろん追加する記事の品質にも注意が必要です。
コンテンツの方向性はともかく、記事の作り込みが浅いと、やがては低品質サイトと判断される原因になります。
更新することだけを目的に、方向性が違うものや、品質が低いものを追加するのは、なるべく避けてくださいね。

このようにサテライトサイトの更新時も、サイトを作ったときに注意したようなコンテンツやキーワードの方向性、品質には注意が必要ですが、これはどれくらいの頻度で必要になるのでしょうか?
これに決まりはありませんが、月に1度は更新できた方が、サテライトサイトの効果を維持しやすくなります。
更新頻度は高い方が効果的ですから、できるなら1〜2週間に1度といった頻度で更新するのもおすすめです。
ただ、ご紹介したように更新するコンテンツも品質が大事ですから、これが落ちない範囲で、なるべく高頻度の更新を心がけてください。