サテライトサイトのコンテンツ

近頃はサテライトサイトもただ作るのではなく、コンテンツ作りが大事だとよく言われますが、どんなものを作るといいのでしょうか?
1つの例は、本サイトとテーマを同じにするものの、そちらではカバーできなかった内容にすることです。
そのコンテンツを作るとき、それを主に求めている主要なターゲットがいますから、本サイトでは主にそちらのユーザーに向けて作ることが多いですよね。

これでそのコンテンツに関心がある主なユーザー層を集客できますが、その層以外がまったく関心がないわけではありません。
少数派となる場合も多いですが、それ以外にも潜在顧客となるユーザーはいるわけです。
本サイトでは対応できなかった少数ユーザーに向けて、サテライトサイトを作るといいのですね。

このようなコンテンツにすると、本サイトとは内容が変わるため、サテライトサイトが本サイトのコピーになる恐れが減ります。
ターゲットが違うため、同じテーマでコンテンツを作っても、切り口や内容が変わるためです。
しかもこれなら中身のあるサイトを作りやすくなります。
本サイトではカバーできなかったユーザーに向け、そのコンテンツの基本や魅力をしっかり紹介していくものになるためです。

このようにコンテンツを作りこめれば、サテライトサイトから張ったリンクによるSEO対策もできますし、その衛星サイト単独で本サイトとは違う層のユーザーを集客でき、サイトに張ったリンクから、本サイトへとユーザーを送れます。
しっかりと中身のあるサイトを作ることで、サテライトサイトを作った目的を果たせるのですね。
このようにサテライトサイトのコンテンツの例としては、本サイトではカバーできなかった少数ユーザーを想定し、切り口を変えて作るというものがあります。

このほか、本サイトで紹介したコンテンツをもっと小分けにし、その小さいテーマを詳しく掘り下げるといった方法もあります。
たとえば本サイトでサプリメント全般の紹介をしているなら、サテライトサイトでは各サプリメントの商品ごとに、その概要や飲み方、効果、注意点、おすすめ度などを紹介するといった形です。

こうすることで、本サイトと同じ内容をテーマとしつつも、サテライトサイトでは切り口が変わります。
ユーザー目線で見ると、衛星サイトではより詳細なテーマをしっかり掘り下げている形になりますから、本サイトとはまた違った有益な情報となるでしょう。
このようにサテライトサイトのコンテンツは、本サイトではカバーできなかったユーザーや内容を意識すると、内容のあるものを作れます。