SEOのためのサテライトサイトのドメイン

サテライトサイトを作る目的は、本サイトのためのSEO対策になるのが基本ですよね。
そのためにコンテンツやキーワードは意識して丁寧に作っていくことになりますが、それだけでサイトが作れるわけではありません。
サイトの公開のためには、ドメインが必要になります。

ドメインとは、サイトのURLに表示される特定のキーワードのこと。
アドレスの前方についているwww.の後ろの部分に表示されるのが通例ですね。
下位ページに移行すると、このアドレスの後ろに下位ページの情報を示すアドレスがつきます。
自分のサイトにいる限り、ドメインはずっとURLに表示されますから、いわば自分のサイトの表札のようなものです。

これを何らかの形で用意しないと、どれだけ素晴らしいコンテンツを作ってもサイトが作れず、サテライトサイトによるSEO対策もできないことになります。
サイト公開のためのドメインとして、独自ドメイン、サブドメイン、サブディレクトリなどを選べますが、独立したオウンドメディアを作るときに向いているのは、独自ドメインです。
独自ドメインとは新規のドメインを自分で取得するもの。
このときには、URLのドメイン部分に表示されるキーワードを自分で指定できます。
これがオウンドメディアに向いているドメインと言われる理由です。

先にご紹介したように、ドメインとはURLにずっと表示される表札のようなものですから、ここは適当に決めるのではなく、自分のサイト名や、そのサイトのメインテーマなど、そのサイトにちなんだものにするのが一般的です。
サテライトサイトも高品質なものを目指すなら、ドメインもそのサイト名やテーマなど、きちんと関連性のあるキーワードにすると、印象がよくなります。

そしてこのような独自ドメインをきちんと取得すると、SEO上の効果も高くなります。
ドメインが共通だと、たとえ別サイトとして運用しても、検索エンジンからは同じサイトと扱われることがあるのですが、独自ドメインなら心配ありません。
他のサイトとはまったく別のドメイン、つまりは別のサイトとして扱われます。
これならサテライトサイトから本サイトへとリンクを張ったときも、自作自演の施策に見える心配が減るのです。
サテライトサイトを作った効果も高まりやすいため、衛星サイトを作るなら新規に独自ドメインを取得するのがおすすめです。

なお、ドメインはあくまでサイトの表札でしかなく、ここに指定したワードと、サイトのメインテーマやコンテンツの内容が違っても、サイトの公開や運営ができないわけではありません。
なるべくコンテンツと一致している方がいいですが、完璧に一致させる必要はありませんから、サイトの中身がまだ決まっていないときは、おおよその内容で決めてもOKです。